還暦ライダーのツーリング

バイクでもツーリングを通じて楽しくブログを発信したいです

阿蘇から高千穂峡ツーリング

昨夜は宿探しで疲れましたが、今朝も素晴らしいお天気で気分もよく阿蘇を目指して走り始めました
宿泊してたところから大津まで数分の距離でしたのでホンダの熊本工場に立ち寄ってきました、広大な敷地ですね~
阿蘇に向かていると、数十台のバイクの集団が走っていましたので、最後尾について走りました
阿蘇は何度も訪ねたく所です、特にミルクロードを走るのはバイクに乗ってて良かったと思う最高の道です
今回も阿蘇の中岳の火口には行けず(有毒ガスの発生で)前回にも行けず、また阿蘇が来なさいと言っているようでした
阿蘇から高千穂峡に走りました、高千穂峡は神秘的な雰囲気がありました、高千穂からはK8(山間部)を走り、
竹田に行きました、竹田には荒城の月のモデルと言われています、岡城址を見てきました、そこから近くには
九州のナイアガラの滝と言われてる、原尻の滝も見てきました、あとは臼杵に走るだけです、
臼杵港からフェリーで四国に渡るのですが、18時30分に乗ると自宅には深夜の12時前頃の予定なので、臼杵で
宿泊して翌日の朝8時50発のフェリーで帰宅しました、今回は3泊4日の行程でしたが無事故無違反で元気で
帰宅しました、総距離も1218Kmで来月63歳になりますが、まだ楽しく走れる元気がうれしく思います


DSC03949_convert_20141023185332.jpg

18件目でようやく宿泊したホテルです、すがすがしい朝の出発です


DSC03950_convert_20141023185246.jpg

ホンダ熊本工場ですVFR800XMUGEN もここで誕生しました(生産ですが)


DSC03952_convert_20141025152626.jpg

さあこれから最高道ミルクロードを走ります、心ウキウキですね~


DSC03957_convert_20141023185424.jpg

前回はこの絶景のラピュタの道を外したので今回は見てきました、多くのバイクと車が止まっていました
前日は雲海があったそうです(残念)

DSC03960_convert_20141023185506.jpg

DSC03976_convert_20141023185846.jpg

DSC03977_convert_20141023185918.jpg

DSC03988_convert_20141023190557.jpg

素晴らしいミルクロードからの風景です、絶景かな

DSC03969_convert_20141023185705.jpg

DSC03970_convert_20141023185738.jpg

DSC03971_convert_20141023185810.jpg

阿蘇で出会った今では伝説のメグロです63年製です、現存するだけで凄いですが、阿蘇を走るてるには
感動しました、オーナさんは意外に若くまだ乗り初めて数か月とのこと、バッテリーを持ってのツーリングです


DSC03993_convert_20141023190521.jpg

阿蘇の外輪山をバックに

DSC03987_convert_20141023190442.jpg

定番の大観峰ですが多くのライダーはここまで来ません(歩くのが嫌なのかな~)

DSC03997_convert_20141023190634.jpg

阿蘇内牧温泉付近から見た阿蘇山


DSC03999_convert_20141023190713.jpg


DSC04003_convert_20141023190747.jpg

中岳からは噴煙が多く出ています、これまた火口にいけないですね残念


DSC04009_convert_20141023190908.jpg

DSC04007_convert_20141023190823.jpg

鳥帽子岳ですが迫力ある山でした


DSC04024_convert_20141023191326.jpg

高千穂に入ると夜神楽の像がありましたが、先客が写真を写していました


DSC04011_convert_20141023190948.jpg

高千穂峡の小さな谷川ですが美しい流れです


DSC04013_convert_20141023191027.jpg

新旧の3本の橋が見えます私は真ん中の橋から滝まで降りてきました(足が疲れますが)


DSC04022_convert_20141023191212.jpg

DSC04019_convert_20141023191142.jpg
高千穂峡のシンボルの滝ですが神秘的な雰囲気がしました


DSC04023_convert_20141023191247.jpg

私も滝とご一緒に


DSC04028_convert_20141023191447.jpg

竹田の岡城址です、荒城の月の歌を思い出しました


DSC04030_convert_20141023191522.jpg

滝廉太郎の荒城の月の石碑 余談ですが小学6年生の時にTVで合唱するので荒城の月はよく練習しました
音楽部員でしたので、50年も前にTVに出ていました


DSC04031_convert_20141023191634.jpg

DSC04035_convert_20141023191749.jpg

DSC04038_convert_20141025162510.jpg

原尻の滝ですが、こんなところにあるのて感じでした でも迫力ありました


DSC04027_convert_20141023191558.jpg

DSC04026_convert_20141023191404.jpg

竹田に走ってると思わず古い水路がありました


DSC04047_convert_20141023192049.jpg

臼杵に入り臼杵の石仏をみてきました


DSC04049_convert_20141023192134.jpg

フェーリには朝に乗船するので早くに臼杵駅前のホテルに入りました、今回一番良いホテルでした(新しいので)


DSC04050_convert_20141023192205.jpg

DSC04051_convert_20141023192240.jpg

ホテルのオーナの所有の65年のキャロルです、懐かしい車ですがナンバープレートがあり現役で走っていいます
大事にすると、49年間も走れるのですね、


DSC04053_convert_20141023192311.jpg

帰りのフェーリーが臼杵港には行って来ました


DSC04054_convert_20141023192343.jpg

このバイクと私のバイクだけでしたが同じ徳島ナンバーで話も盛り上がり2時間50分間お互い話をしていました
住んでる所も車で30分ぐらいです、バイク談義から仕事の話(コークスの着火の話とか)、お互い初対面でしたが
楽しくい時間をすごしました、若者は同じ日程でキャンプツーリングを楽しんでいました、彼は別府から乗船の予定
でしたが、臼杵から乗れると思い走ってきたと話していました、で彼と楽しい時間が出来ました(一期一会)
でも彼が話を合わせてくれていたのかな?八幡浜港に着くまで、楽しかったです

DSC04055_convert_20141023192414.jpg

これから彼は即帰宅するて言っていましたが、私は時間が早いのと徳島は雨が残ってるので遠回りして帰宅しました
本当に初対面とは思えない感じの若者(世間では立派な中年ですが(笑))でした。


DSC04056_convert_20141023192450.jpg

余談ですが、フェリーを降りてすぐ横にある道の駅のような施設で食べた海鮮丼は大変美味しかったので
お値段もこの海鮮丼で900円です、八幡浜港の付近に行ったら食べてください

やはり元気で帰宅が一番うれしいです、愛妻のお帰りの言葉がほっとします
また次回はと思う心が沸いてきます、



















スポンサーサイト
  1. 2014/10/25(土) 17:14:32|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

雲仙普賢岳ツーリング

九州ツーリングの二日目は今回のツーリングの一番の目的地、普賢岳を目指します
別府インターから大分道を走りますが、あまり車は走っていなく適度に走りましたが、鳥栖JCTからは車が多くなり
おとなしく車列の流れで走りました、よく混雑するので有名な鳥栖CCTですが納得(ただの土曜日なのに)
長崎道の諫早インターで高速をでて有明海沿いを島原を目指します、島原では大噴火の火砕流で多くの人命が
失われ、土石流では多くの家が被害た、その現場を見たくて来ましたが、本当に大自然のエネルギーの怖さを見ました


DSC03897_convert_20141020182901.jpg

さあこれから出発です、今日も快晴の朝です、目指すは普賢岳


DSC03900_convert_20141022124801.jpg

唯一休憩した大分道の山田SAにて

DSC03909_convert_20141022123512.jpg

島原まゆやまロードを走り平成新山の雄大な姿が見えます


DSC03902_convert_20141022123358.jpg

駐車場からは下に見える場所は火砕流と土石流で一つの地域が無くなりました

DSC03907_convert_20141022124649.jpg

写真で見えますが千本木地域が無くなりました、自然の怖さを見て、手を合わせて黙とうしました


DSC03912_convert_20141022123615.jpg

山と山の間には土石流が流れて何もなくなっていて、ようやく木々は生えていました


DSC03910_convert_20141022123543.jpg

まゆやまロードはほとんど車は走っていなく、バイクにはお奨めの道です、楽しめます

DSC03933_convert_20141022125023.jpg

島原の道の駅みずなし本陣ふかえにある土石流で埋もれた家が見えます


DSC03923_convert_20141022123920.jpg

DSC03922_convert_20141022123844.jpg

DSC03930_convert_20141022124003.jpg

ただ見てるだけで当時の悲惨さが伝わります、すぐ海の横まで流れてきたのですね


DSC03916_convert_20141022123654.jpg

DSC03917_convert_20141022123726.jpg

DSC03919_convert_20141022181155.jpg

DSC03920_convert_20141022123756.jpg

雲仙に向かって走っていると前を見慣れないバイクが走っています、駐車場で話したら、何ンと ホンダのスーパーカブの
カスタムですがフレームも自作で作ていますので全長が長く何処から見てもカブとはわからないですね
跨りましたが、これで走るのですから参った

DSC03937_convert_20141022124201.jpg

仁田峠からの風景ですが普賢岳が近くに見えます


DSC03934_convert_20141022124045.jpg


DSC03935_convert_20141022124127.jpg

仁田峠からのVFR800XMUGEN


DSC03943_convert_20141022124404.jpg

雲仙温泉に入る

DSC03939_convert_20141022124239.jpg

雲仙温泉の湯けむり


DSC03944_convert_20141022124436.jpg

雲仙からフェリー乗り場まで走った道ですがこれまた最高の道でした一台の車しか出会わなく、気分よく走りました


DSC03945_convert_20141022124509.jpg

港に着いたらすぐに乗船でしたラッキー 


DSC03946_convert_20141022124541.jpg

この風景が大好きですが、3時過ぎに天草に上陸したのでこらから熊本まで走れると思い走りましたが、この考えが
こ後悔することに、天草の走りはこれまた追い越し禁止の道で、40~50Kmで道幅も狭く、バイクでも抜けず
車の数珠つながりで海岸線で先頭が見えると一台の遅い車の後に車の列が続いています、ああストレスかかる
走りですが、仕方ないです、、天草パールラインていつ走ったのわからない、見る所ない天草の走りでした
どうにか熊本市内入り今夜の宿を探しましたが18カ所断れました、今夜八代で有名な花火大会があり市内では
宿泊するところはないと2件のホテルに言われました、郊外でもなかなかなくようやく阿蘇に向かって走る菊陽町で
宿泊できるホテルがあるましたがツインの部屋しかないが宿泊しました、7時過ぎにホテルに入りました、
疲れました 本日の走行距離は486Km です 明日は阿蘇を走ります






  1. 2014/10/22(水) 20:20:13|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

秋の九州ツーリング

先週の3連休で行こうと思っていた九州ツーリングは台風の影響で中止になりましたが、15日から19日までの予報は
すべて晴れなので、愛妻に仕事休んでツーリングに行ってくるて話したら走ってきたらとの返事で即決行しました
金曜日の午後の便のオーシャンフェリーで九州の新門司に翌日の朝の5時過ぎに着く便の計画でしたが
予定変更で早朝6時の出発で愛媛の八幡浜から別府に行くフェアリーに乗り込みました、別府にはお昼過ぎに
着きましたので、ツーリングは明日からと思い、今日は別府温泉の地獄めぐりを楽しみました
私が中学2年の修学旅行(49年前)以来の別府地獄めぐりでした、八カ所の地獄をすべて見てきました(時間があり)
さすがは温泉県大分ですね~その中でも湯量が多い別府温泉です、町全体に硫黄の匂いがしていたるところで
湯けむりがたっています、今日はツーリングと言わずただの観光客でした


DSC03825_convert_20141020172309.jpg<
予定より少し早いですが支度が出来ましたので、愛妻の見送りで元気に出発しました


DSC03827_convert_20141020172709.jpg
愛媛の八幡浜港から10時15分に出る乗るフェリーです、港には予定より早く(1時間30分早く)着きました
いつもより相当早く着きました、早朝の高速道なのでアウトバン状態です(わかるかな?)


DSC03831_convert_20141020172438.jpg
バイクは私だけでした(金曜日なので世間は仕事してるて)2時間50分の船旅です


DSC03828_convert_20141020181729.jpg
別府港に着いたら前にはサンフラワーが停泊していました、やはり船が違います大きいですね~
今大阪からの便では多くのバイクが弾丸ツーリングで利用しています、とにかく安い企画です


DSC03839_convert_20141020172836.jpg
最初は海地獄からの見学です、コバルトブルーが神秘的です98度あります(アチ~)


DSC03842_convert_20141020173416.jpg
鬼石坊主地獄ですが写真では熱泥の球状なってるのが写らないです


DSC03852_convert_20141020173311.jpg
山地獄には大きなカバがいまして、エサを購入してあげるのでお客さんが来ると大きな口を開けます
何かもの悲しさを思いました、エサも写真で見えますが小さく切った人参です


DSC03859_convert_20141020173624.jpg
かまど地獄は90度の高温の大きな池です


DSC03861_convert_20141020173912.jpg
鬼山地獄は本当に沸騰してるようです熱気が凄いです


DSC03871_convert_20141020174022.jpg
白池地獄は青白くなっていました、名前が見たままのようですね~


DSC03879_convert_20141020181032.jpg
見たらわかると思いますが血の池地獄です、粘土が煮えたぎっています


DSC03885_convert_20141020182103.jpg
名前が見えるのでそのまんまです間欠泉ですがタイミングよく見えましたここも凄い熱湯が噴出しています


DSC03898_convert_20141020183129.jpg
こんな畑の中に温泉が噴出しています、やはり温泉県ですか


DSC03899_convert_20141020183247.jpg
至る所の排水溝から蒸気が出ていました、


DSC03894_convert_20141020183020.jpg
今夜のお宿は直前に予約していましたので4時には入りました(温泉に入り美味しい夕食が待っています)


明日は今回の目的地雲仙普賢岳を見えるのが楽しみです、本日の走行距離 251Kmですが
ほとんど港までの距離ですかね、
  1. 2014/10/20(月) 19:51:11|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4